車を売却する方法が多くなったから注意したい点とは

車を売却する方法は業者に査定を行うまでは自分の足で探すしかなった。今は「車 売却」とインターネットで検索すれば、売却までの方法や情報を一瞬で手に入れることとが可能になりました。だからこそ、車の売却する前に注意しておかないといけない点を抑えていかないとトラブルに巻き込まれやすいのです。

 

今回は車の売却の注意点を見ていきましょう。

 

個人間のやり取りが可能になった

日常品の個人間でのやり取りが「当たり前」になっていますね。「オークションアプリ」でちょっとしたお小遣い稼ぎになると利用している人が多くなっています。
その方法が、車の売却の方法の1つ「個人間取引」が増えているのです。

 

「個人間取引」はあくまで個々のやり取りなためトラブルになっても「自己責任」で対処しないというデメリットがあります。

 

車の売却の個人間取引で起こりうるトラブルを簡単にまとめてみました。

 

・契約が成立したのにお金の入金がない

 

・買主か車が故障したから費用を払えと要求してきた

 

・名義変更に関するトラブルが多い

 

・契約後に「この契約はなしにしてほしい」と入金したお金を返してほしいと要求された

 

簡単に不特定多数の人と個々モノを売れる反面、税金や名義変更などの書類の手続きに関しての知識を持っていないと、このようなトラブルに巻き込まれやすい。トラブルにに巻きこめれないためにも、車の売却に関する細かい決まり事を契約書を作成して売主と買主が双方の捺印し契約書を持ってから、売却の交渉を行うようにしたいものです。

 

業者に頼んだ場合の注意点

個人間の取引は何かとリスクが大きすぎるから業者に査定を依頼を考えた時に、簡単に車を売却するのも考えもの。査定にくる営業マンのなかに「車のことを何も知らない」という目線で接してくることは少なくありません。

 

できれば車の買取相場や下取り相場の把握はしておくと以下の台詞が出ても「オドオド」することはありません。

 

・どの業者も○○円しかだしませんよ

 

・今ここで決めてもらえば○○円はだします

 

・こんな車は今どき買う人はいませんよ

 

そんなことありません。日本車全体が「資源の宝庫」世界一のメンテナンスの技術で2年おきの車検を受けているんです。大雑把に言えば、「日本がダメなら世界が求めている」という気持ちで接すればいいと思います。
日本では走行距離10万キロの車を好きで買う人は少ないと思いますが、海外では走行距離20万キロ「普通」と言われています。

 

営業マンの口車に乗せられないためにも、三社以上の業者に見積もりを依頼をすることです。
営業マンの言ってることが全く真逆な査定額を提示する業者は探した数だけ比例しますよ。

 

車を売却するには〇〇を使おう

 

車な売却は自動車税の還付金の有無。リサイクル券の還付金の有無など知らないと損することが多い。

 

売却の知識を事前に勉強することも忘れないようにしましょう。
そのアイテムとして、売却の勉強と業者探しが一石二鳥できる「車の一括査定サイト」があるのです。
ただ、複数の業者に査定を依頼するだけではなく、いろいろな豆知識を分かりやすく記載されています。

 

・売却の知識

 

・相場

 

・見積もり依頼

 

3つのことを習得すれば、査定にきた営業マンも横柄な態度で接することは少ないでしょう。