車好きが憧れるスポーツカーを売る前に知っておくことは?

公道を走るのスポーツカーはドライバーでさえもカッコよく見えます。中古車で購入したいユーザーが多いんです。自身もマツダのロードスターを中古車販売で購入して県内の山道を「走り」にいったものです。

 

ここではスポーツカーを売る前に、どんな車種が中古車で人気なのか。
2017年中に、どんな車種を売ると良いのか。
気になる2つのポイントを見ていくことしましょう。

 

 

スポーツカーの中古車市場とは

車が好き、 走り屋の憧れなど「趣味が車」のユーザーは、知識も豊富。そんなユーザーが愛してやまないスポーツカーは中古車市場でも高い値がついています。

 

そんなスポーツカーの中古車市場で需要が高いのが、

 

・トヨタ86「ハチロク」

 

・トヨタ スープラー

・日産 フェアレディZ

 

ハチロクといえば、アニメの影響により「走り屋」が憧れた(今もその人気は変わらない)白と黒のデザインがハチロクの代表的と言えます。
自宅の近所で1986年式のハチロクが76万円で販売されていました。
アニメでハチロクのライバル的存在だったスープラが2018年に復活という情報があり、今後の買取相場に変物があるかもしれません。

 

「RZ」の平均的な買取価格は50万円〜82万円。

 

状態がよければ100万円以上の値が付くほど乗りたいというユーザーが多く、高価買取が期待できるでしょう。

 

 

日産のフェアレディZについて

 

日産のスカイラインと並ぶ憧れの車、フェアレディZ。
スポーツカーなのにエコカーというカタチになってもフェアレディZのブランド名は健在!

 

時代をともに走ってきた歴史のある車ほど、車を運転するという動作に価値を高くし、フェアレディZは3年落ちで新車価格の70%の価格で販売されています。

 

フェアレディZを売るポイントとして、2012年式のバージョンST 6速MT」走行距離3万キロ未満の平均的な買取価格は130万〜150万円は狙えると見て良いでしょう。

 

これだけ知っておけばあとは業者を探すだけ

 

いかがでしたか。男性の憧れのスポーツカーの中古車市場動向など簡単に見ていきました。
特に車の買取ほど、中古車市場の動向が査定に反映しているとご理解していただけたかと思います。

 

そんな高価買取を期待を実現するためにも、ディーラーや友人に売るという選択肢に加えて買取査定を検討してみたではいかがでじょうか。

 

車の一括査定サイトを利用すると、最大10社〜30社まで見積もりを依頼することが可能です。
皆さんの車を大切に買い取ってくれる業者探しに活用してみてください。